闇金融キャッシング

最終更新日2016-9-17

ヤミ金融でお金を借りることは危険です!

ソフトな広告に騙されない

ブラックリストなのに融資が可能?

よくネットで「ブラックでも融資可能」「ブラックでも借りれます」といった広告を見ますが、はたして本当に借りれるのでしょうか?答えはノーです。どんなに審査が甘いといっても貸金業者は融資の際、必ず審査を行い、その中で信用情報センターへ問い合わせをします。過去五年以内に債務整理をした人はブラックリストに掲載されており、大部分の金融会社はその時点で審査で落とされてしまいます。ただ、ヤミ金融などは貸金業に登録をしていないので、信用情報センターへのアクセスが出来ません。したがって過去の経歴を知られることはなく、現在定職に就いて安定した収入さえあれば審査に通ることもあるでしょう。しかし、ソフトといってもヤミ金はヤミ金です。決して借りてしまってはいけません。

違法業者から借りない!

他人にお金を貸して利息を取る行為は、貸金業法で厳しく規制されています。法律を厳守した方法でキャッシングをすることが求められますが、中には法律に違反した貸金行為をしている違法業者も存在します。彼らは法律で規制されている上限金利(20.0%)を上回る利息おを設定して、通常の消費者金融では借りれない多重債務者へ貸し付けて暴利を貪っているのです。借りるあてのない人間にとって、審査を甘くして貸してくれる融資先は、非常にありがたい存在なのですが、借りた後が大変になります。通常の金利より高いので、利子が利子を産んで元金が雪ダルマ式に増えていきますし、少しでも支払いが遅れたら厳しい取り立てが待っています。したがって、どんなにお金が苦しくともヤミ金融だけは手を出してはいけません。手を出すくらいなら、自己破産をして人生のやり直しをされたほうが楽になるでしょう。

借り入れ件数4件以上

他社からの借り入れ件数が4件以上ともなると、キャッシング会社からは多重債務者扱いとなり審査も厳しくなります。貸す側からしてみれば、そのような顧客に融資をすることは、貸したお金が焦げ付く危険性が高くなるからです。金利の低い大手や中小の消費者金融では問答無用で審査に落とされることは確実です。審査を受けること自体、時間の無駄と言えるでしょう。返済のための借金は通称自転車操業と呼称しますが、時間を稼ぐことと借金を膨らませるだけのこと以外に何のメリットもありません。借金を返済するための借り入れをするくらいなら、いっそのこと自己破産をして借金をクリアしたほうが、残りの人生を有意義に過ごせることは間違いないでしょう。多重債務者や総量規制の対象者の方は、よく考えて借金をして下さい。

契約書をよく確認する

多重債務者や過去に支払い遅延などの事故歴があるブラックの方は、貸金業登録をしていない、闇金融でお金を借りることが出来ます。しかし闇金融といっても、テレビドラマなどに登場するトイチやシステム金融といった悪徳業者は選択肢から外さなくては大変なことになってしまいます。悪徳業者かどうかの見極めは、きちんと契約書の類を隅から隅まで確認することです。少しばかり金利が高くとも、その分審査が甘いので大変借りやすくなっているのが闇金融業者です。ただし、返済が遅れると会社や自宅にガラの悪い取り立て屋が押しかけることになりますので、注意が必要です。あくまでも返済が出来るという見通しがあってこそのキャッシングなのです。

即日融資とは当日申し込んでその日に借り入れが可能なシステム。